2005年10月31日

225)文字・活字文化の日

今年から10月27日は「文字・活字文化の日」と7月27日に公布された文字・活字文化振興法により決まりました。

この27日にあわせて開催された、文化庁主催のシンポジウムに参加してきました。なかな有意義かつ出版業界の矛盾と問題を考える時間を得ることができてよかったです。  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 17:56Comments(0)マイティブックについて

2005年10月28日

224)同じように見えて違うもの

佐川急便とクロネコヤマト、、どちらもうちの会社の荷物を運んでくれます。用途にあわせて使い分けていますが、どっちを利用してもいい荷物のときに手が届くのはクロネコヤマト、、。料金やサービスに違いはありません。なんでだろう??と考えました。そのとき!やっぱり伝票だっ!!!、、  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 08:24Comments(0)マイティブックについて

2005年10月26日

233)えっ?もう半期決算、、、

6月の決算、売り上げ1700万円程度と小額なのですが、私の棚卸と現金入金のいい加減さで何度もやり直しました。。。会計士さんから、「マツイさんところは来期からは半期決算やったほうがいいですね」ともチクッと言われ、反省。自分でもしっかりしなければ!!!と、、、  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 08:53Comments(1)マイティブックについて

2005年10月24日

232)親子で雑誌「日経キッズプラス」にデビュー

16995.jpg日経ホーム出版より新創刊の「日経キッズプラス」が10月18日に発売されました。
プレで6月に発売された本に、「おとうさんのにがおえ」をご紹介いただいた雑誌です。

この中にどこかに、親子デビューしています。  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 08:11Comments(1)マイティブックについて

2005年10月21日

231)しあわせ家族

16938.jpgマツイのランゲージスクールの評判がいいみたいなので、気分がのったので書きます。(だいだひかる風)。

明日の結婚式があります。
スピーチの依頼を受けたのですが、話すより何か芸のほうがみんな楽しいだろうと、家族で演奏会をすることにしました。先週より練習をしているのですが、その音がご近所に聞こえているらしく、ご近所さんから  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 10:52Comments(1)マツイのランゲージ・センター

2005年10月17日

229)出張中の空き日の過ごしかた

出張中の間にぽっかりと空いた ノンアポ日。
残念ながら福岡の企業さんとのコンタクトはなく、ぼんやり何をしよう。と考えました。もともと福岡はホームタウンなので、昔の友達に、、とも考えましたが、急に電話してもなんとなく白々しい、時間潰しのようで気が引けます。

多分みなさんもそうだと思いますが、直前まで、予定がはっきりしない出張はこんな感じですよね。(あれ?違うのでしょうか?もっとスケジューリングはしっかりしているのカナ??)

そして、ふっと思い付きました。そうだ、歯医者に行こう!  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 22:53Comments(0)マイティブックについて

2005年10月15日

228)日本のサラリーマンはヒーローなのか?

商談中の通訳で、一番多使う英語単語、、。
圧倒的に多いのがBUT!だ。

プロの通訳であれば、もっと気の利いた言い回しをするのかもしれないが、経費削減友人通訳として報酬は飯代くらいで行っている私は、会話中BUTが入ることがとても多い。

ちょっと気になって、ナゼだろうと考えたところ、これもやはり日本人特有のビジネス会話に起因しているのではないか??との結論に、  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 08:50Comments(1)マツイのランゲージ・センター

2005年10月14日

227)福岡の会社の皆様へ

実は明日15日から福岡市に行きます。19日まで滞在予定です。
このブログのサイトを改めて見ていると、結構福岡の会社が多いような、、、。17日は(月)は空いていますので、お暇な方(失礼!そんなヒマな社長はいませんよね)はご連絡ください。

私はブログの表示写真と印象がかなり違う!(BY平野社長ほか)と評判です。  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 18:32Comments(1)マイティブックについて

2005年10月14日

226)書店へのプロモーション

書店へのプロモーションを外注へ委託したことは、前にも書きましたが、お願いした業者さんがすごく頑張ってくれています。

直販のルート強化が目的なのですが、個別対応の難しさや、書店ならではの営業など、私が1件、1件回るより、効率的です。
そして私が予想もしなかった、質問などもダイレクトに返ってくるので現場の声も聞ける。やはり、FAXでの広告宣伝でなくて、良かったと思います。  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 17:52Comments(0)マイティブックについて

2005年10月13日

225)読売新聞での大反響

16566.jpgちょうど去年の今頃読売新聞に2回も紹介されました。
1度目は9月6日の「赤ちゃんABC」というコーナーで育児とお金について。私の出産失敗談の記事とあわせた本の紹介でした。

そして、その記事掲載後に、事務所がとんでもないことに!月曜日の朝でアポイントに直行だったのですが、「とにかく大変です。みんな仕事ができません!!!すぐ会社に来てください!!」と携帯に電話がかかってきたのです。事情がよくわからず、会社に戻ると、問い合わせの電話が殺到して、スタッフ総出で対応していました。

そして、2回目は10月。こちらは読者相談という記事で、9月6日に掲載された「マイティブック」の問い合わせが読売新聞にも殺到!という記事です。前回の記事は会社の連絡先は記載されていませんでしたが、今回は電話番号が掲載されました。

そして、、、本当にすごかったです。。。
電話回線がパンクしてしまい、配送と本の手配で毎日残業、これが1ヶ月続きました。

おかげさまで、その記事から口コミで広がり、今は適当に問い合わせ電話が入ります。

あれから丁度、1年、「そうそう去年の今頃はバイトまで来て、大変だったんだよね!」とみんなで懐かしく思い出します。

後にも先にも、あんな経験はめったにないと思いますが、新聞ですごい!と思うのは未だに、「あの読売新聞の記事を見て、、、」と電話が入ること。
切り取って保管している方も多く、本当に感謝でいっぱいです。

www.mightybook.net  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 11:14Comments(0)マイティブックについて

2005年10月12日

224)子供の不登校をどうする?

16525.jpg久しぶりのマイティブック読者相談コーナーへの投稿です。子供の不登校、みなさんは、学校へ行かせる派?行かせない派?マイティブックのホームページでご意見大募集中です。さて、質問は

<子供の不登校、無理に行かせる?行かせない?>  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 10:51Comments(0)読者からの電話

2005年10月12日

223)サラリーマンに戻りたい

「起業して、貝はあっても栗はなし」

起業して「ヤリガイ」はあるが「ヤリクリ」で本当に頭が痛い。
いい商品を企画しても、その発売や売り出しにはお金がかかる。
勝負をかけたくても、資金は会社の生命線なので危ない橋は渡れない。。。はあ、そして最近は、、、、  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 10:19Comments(0)マイティブックについて

2005年10月08日

222)プレジデントに紹介されてました

16405.jpg10月3日に発売されたプレジデントに「おとうさんのにがおえ」紹介されました。ゴルフクラブや健康食品、株情報に囲まれて、かわいい表紙の本が並んでいました。
読者ターゲットは「おとうさん」でかぶってはいます。  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 22:31Comments(0)マイティブックについて

2005年10月07日

221)原稿は手で書きます。ウオーターマンGOODです。

短い説明文はダイレクトにパソコンを使いますが、ちょっと気持ちが入るもの、企画や編集法が勝負、という企画は手書きでラフ原稿を書きます。パソコンは最後に清書として打ち込みます。

なぜかというと、パソコンだと言葉がタレ流れてしまい、なんとなく後からどんどん手を入れたくなるような文章になってしまうのです。(ブログの書き込みも正直苦手、でもいちいち清書するのもなんなので、流し言葉で書いてます。)

さて、手書き派なので、筆記用具にもこだわります。
今のお気に入りはこちらです。  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 22:42Comments(1)マイティブックについて

2005年10月06日

220)素晴らしきシンガポール!

「マリキターラーヤッシンガップラサー」(これで分かった人はかなり通)
接待で、ネタに詰まったときは、シンガポール国家を歌う。ITやコンピュータ系の会社だと、シンガポールに出張経験のある方が大半なので、完唱すると大体ウケる。シンガポール育ちの強みを生かした、体を張った芸である。
ここで、ツカミがOKなら、とどめにシンガポール・イングりッシュ「シングリッシュ」のレクチャーをする。これで商談成立!、、

とはなかなかいかないが、これだけ人をひきつける、シンガポールとその素晴らしき「シングりッシュ」の魅力とは?
その特徴を簡単に解説しよう、  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 21:09Comments(1)マツイのランゲージ・センター

2005年10月05日

219)ダビンチコードの影響?

16276.jpg昨年の、イタリア・フィレンツエ展の会場で販売していた、フィレンツエからの輸入本で「レオナルド・ダ・ヴィンチ 東方三博士の礼拝から受胎告知まで」という本の問い合わせがここ数日続いています。この本は、イベント用に輸入したものなので、展覧会終了後は宣伝もしていません。なのになぜ?  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 16:43Comments(0)マイティブックについて

2005年10月05日

218)日本語の主語抜きは難しい

小学生の息子は泣きながら「靴がなくなって、啓太くんは怒って、怒鳴った。」と私に訴えた。。。。
状況は想像できるが、事実関係が全く分からない。

1.(ぼくの) 靴がなくなって、啓太くんは怒って、(ぼくは)怒鳴った。
2.(啓太くんの)靴がなくなって、啓太くんは怒って、(啓太くんは)怒鳴った。
3.(ぼくの)靴がなくなって、啓太くんは怒って、(啓太くんは)怒鳴った。
4.(啓太くんの)靴がなくなって、啓太くんは怒って、(ぼくは)怒鳴った。

どれが正しいのか??泣いて訴えている状況から、ぼくの靴がなくなって、、ときっと言いたいハズ、、、など殆ど推理で子どもと話しを進める。

これは幼児用語なので大人がケアしてあげるのですが、たとえばこんな文章を翻訳してと言われたら、どうします?  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 14:30Comments(0)マツイのランゲージ・センター

2005年10月03日

217)HAPPYカレンダー2006発売開始

16150.jpg昨年も大好評だったマイティブックの林るいさんオリジナル
「HAPPYカレンダー2006年版」がいよいよ発売開始です。

昨年の皆様のご要望にお答えして、書き込み欄は大きく、曜日は日本語に。
月曜始まりは同じなので、小学校の子どもさんには使い勝手がよいかと思います。

そして、何と今年は定価も昨年の1200円から1000円に値下げ!
来年もみなさんのお手元で1年間かわいがってあげてください。  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 00:45Comments(1)マイティブックについて

2005年10月01日

216)今風の雑誌の表紙 

16109.jpg書店の雑誌コーナーに行くと、何とまあ女性誌の多いことだろう。
縁日の「お面売りの屋台」のようにズラーッと横並びで陳列されている。
さて、どれを買おうかな?と眺めていると面白いことのに気が付きました。それは、大体の雑誌の表紙は女性の顔なんですが、そのレイアウトに変化が、、、、  続きを読む

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 18:07Comments(0)マイティブックについて