2006年12月10日

368)風呂敷を広げる

あまり仕事関係のプライベートな話については書かないようにしている、ブログですが、先日ある女性議員さんを取材したとき、書類を風呂敷に包んでいらっしゃいました。

あれ?風呂敷を抱える姿が、なかなかお洒落。
「日本の和を意識したエコロジーも悪くないな、、、」と、今度私も真似してみようと思いました。

プレゼンの資料を思い切りでっかい風呂敷に包んで(会社のロゴ入りか、どろぼう柄がいい)、「大風呂敷広げちゃいマース!」というのもインパクト大。
でも、最後はきれいにたたまないと、「自分の広げた風呂敷のタタメないヤツ」と逆効果になるので注意、注意。
広げ方、とたたみ方も練習しないと、スマートじゃないですね。


でも、風呂敷って、お風呂の敷物だったのでしょうか?
ニホンゴハムツカシイ。  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 11:29Comments(1)マイティブックについて