2007年06月27日

422)シーナタノさんの表紙イラスト 発売1ヶ月で重版!

書籍のご紹介です。
マイティブックの絵本作家シーナタノさんが装丁イラストを描いた「ひろがれゆうくんの輪」です。

発売1ヶ月にして重版かかっているそうで、これからどれくらい売れるか楽しみですね。内容は身体障害者の少年とその家族の愛の物語。
興味のある方はぜひどうそ!

ひろがれ!ゆうくんの輪
出版社/メーカー:コープ出版
価格:¥ 1,050
ISBN/ASIN:4873322561
Rating:ZERO
  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 22:59Comments(1)マイティブックについて

2007年06月25日

421)蛍

39248.jpgあまりの忙しさに、つい心が癒しを求め土曜日に思いついたように、息子を連れて蛍を見に滋賀県まで行きました。(余計疲れる?)

初めて見る蛍、もっと幸薄いイメージがあったのですが、意外にも元気よく光っているではないですか!
しかも、たくさん!わーーーーーー(^0^)(^0^)!!

ぶーんと警戒心もなく近くに寄ってきます。
洋服にくっついてピカピカ。
逃げるのか?と思えば、キャッチも簡単。
不思議な虫ですね。

東京に捕まえて帰ろうかと思いましたが、やっぱり自然の中で仲間といるほうが楽しいでしょうね。息子も「かわいそうだからいいや。」いつもより素直になっていました。美しい自然を目の前にして環境が大事っていうことを、理解したのでしょう。

最近、あちこちに蛍が現れると聞きます。東京でも見れるとか。
水がきれいになってきたんでしょうね。目に見える自然回顧と蛍の力強さに感動の夜でした。  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 18:15Comments(0)マイティブックについて

2007年06月12日

420)労働保険の更新と石綿健康被害の関係?

労働保険の更新で申告書を納付しようと、税理士さんに作ってもらった書類を受け取りに行きました。
すると「今回は石綿健康被害の救済で、、、労働保険適用事業主からの徴収があります」と手渡されました。

そういえば、見慣れない一般拠出金なる特別枠が申告書にあります。

へっ?石綿健康被害って?うちはアスベストなんで使ってないよ〜!といいたいところですが、どうも一律徴収らしいです、この税金。

まあ、うちは小額だからまだいいけれど、人数のいる会社には結構負担が大きいかもしれません。(人の会社の心配までするなってか?)

でもねえ、全く関係のないところからの徴収ということが納得できない。(心の声)

自分に全然関係なしと思っていた石綿問題、こんなに身近になりました。
お国さま、私たちの納めた税金のムダ使いはせずに、きちんと被害者の保障をしてくださいね。  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 15:12Comments(1)マイティブックについて

2007年06月10日

419)昭和女子大で開催「わくわく世田谷まつり」

38929.jpgさて、前回3月に引き続き昭和女子大学(東京都世田谷)にて、第2回ウキウキまつりを開催します。
マイティブックが協力しているママールという子育てボランティアで今回は「かぶり物を作ってパレードしよう!」というワークショップを行います。

これは、廃材やリサイクル素材を利用して王冠やブーケを作るというもの。
ちいさな王様やお姫様がたくさん行進する姿は、きっとかわいいでしょうね。

そして、マイティブックの本とナント3年前に発売してリクエストの多かった、林るいさんのバレリーナTシャツも会場にて再販売していますので、ヨロシクです。バレリーナTシャツは特に4歳ー5歳の子供用が人気で、すぐなくなってしまうのでお早目に!今回、価格もウキウキです。


「世田谷ウキウキまつり」
2007年6月16日
主催/NPO昭和チャイルド&ファミリーセンター
協力/昭和女子大学福祉環境学科、現代GP地域貢献
場所は世田谷「三軒茶屋」です。

詳細はこちらからどうぞ  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 23:32Comments(0)マイティブックについて

2007年06月08日

418)メタボリックよりヤバイ「メチャガリックシンドローム」

夏が近づくと薄着になって、気になるのはお腹まわり。。。タップーンと、サーフインができそうなくらい波打つお腹。

この時期やっぱりみんなも気になっているのねと、雑誌やTVのメタボリックシンドローム特集を目にするたびに思います。

確かに怖い、ブタボリック、、もといメタボリック。

でも、あまり話題にならないケド真面目にまずいなあと思うのが、その逆の「痩せすぎ」です。

渋谷を歩くと、こんな平ぺっターイ(体に厚さがない?)痩せすぎの娘がたくさん。
足は筋肉で動いているはずなのに、この足のどこに筋肉あるんですか?何で動いているんですか?

メチャガリックです。

最近、洋服もどんどん小さくなっていますよね。11号でもえっ?と思うくらいの驚愕サイズ。

太り過ぎに警告信号を出すのもよいのですが、痩せすぎの指導もきちんとするべきだと思います。  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 20:19Comments(1)マイティブックについて

2007年06月06日

417)NHK奉行

子どもの頃、「親はどうしてNHKばっかり見てるんだろ〜?」と思ってました。ニュース(ごひいきのアナウンサーが朝のニュースに出ると、母は喜ぶ)、朝の連ドラ、、、新日本紀行に大河ドラマ、、

日曜日の「のど自慢」のアコーディオンで始まるオープニングは、地方にある遊園地のような、ビミョーな華やかさが脱力系。「ああ今週のお休みも、どこにも連れていってもらえなかった、、」と子ども心にフニャフニャとした休日の昼を感じていたのでした。

「NHKはつまらない!民放を見せてくれ〜!」

ところがっ!
気がつけば近頃自分が、NHKばかり見ているではありませんか!

「どんと晴れ、女将修行再開の主人公に強力なライバル出現!」
「おおお!!!」
電車の中刷りも、小娘の雑誌より、NHKステラに食いついています。

正直、「笑金」や「はねとび」より「サラネロ」(サラリーマンNEOのことよん)ほうが面白いです。

「その歴」や「プロフェッショナル」、、おもろいで〜。

これはNHK奉行?

「NHKさんもいろいろあって最近番組が面白くなったのよ」とも考えられますが、結構アーカイブも楽しめる私。 

これは立派なNHK奉行です。

実は、うちにはテレビが1台しかありません。
最近息子が自分のテレビが欲しいと言い出しました。
やっぱり、子どもにはNHKは「つまらない」らしい。

でも、テレビは一家一台が、当たり前の時代に育った世代には、考えもしなかった子どもの発想。
このまま、一台のテレビでNHKを見せ続けると、コヤツも将来立派なNHK奉行になるんだろうか・・・?

「受信料払っているんだから、見ないと損するでしょう!」とわけの分からない説明で、息子ドン引きで、現在NHK奉行育成中。

ちなみにNHK奉行になる年齢は大体40歳前後かと思われます。  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 12:20Comments(1)マイティ!みんなのお奉行さん