2008年01月14日

452)買い物奉行

年末から年明け、、毎年しこたまお金を使ってしまいます。
そう、バーゲン&福袋。もちろん、普段から買い物は好きなのですが、、、。

さて、マーケットリサーチと称して、町に繰り出すショッピング好きのお方を、買い物奉行と呼びます。

もちろん私も買い物奉行、毎日のお勤めをきちんとこなしているだけです。

けれど近頃、欲しいものだけ買うというより、買うことが目的になっていてほとんど買い物依存症なのではないか?という気がします。

店頭に行ってあの狂乱の渦に身を投じてGETする!という面倒臭いことをしなくても、ネットで夜中でもお買いものができるという、とんでもなく恐ろしい環境になっていることもあるのでしょう。
オークションなどは買い物がゲームになっています。

買い物奉行転じて、借金奉行という笑っていられない事態になる可能性も大です。
これは、いけません。奉行の間違ったお勤めでございます。
御成敗される前に、悔いあらためねばと思っています。

しかし、私、何でこんなに買い物が好きなのか自分でも理解不能。(でもね、もともと庶民なので高いものは、いくらバーゲンでも買えないところがセーフティネットになっているのですが〜。)

環境?
でも、両親のお金感覚はまとも(ふつつ)、どちらかというとケチでした。母は今でも「どうして、この子こうなっちゃったのかしら?」と、私のバーゲンの勝利品を見るたびに、大きなハテナ(?_?)を頭に乗せています。

最近は、「ブッキョウ信者です。これはもう宗教なので、理屈抜きで教祖さまにお仕えしています」と答えるようにしています。
そう私は、物教信者。宗教には逆らえません。

正しい宗教として、物教が物狂にならないように日々精進したいと、買い物奉行として、新年早々誓うのでした。

物教徒の誓い
1、いつもニコニコカード1回払い
2、開かれた明細内容、家族がカードの明細を見れる体制つくり
3、「買ってよかった!」とやりがいを感じるお買い物

この3つを守ることができれば、無理に我慢しなくてもおのずと悟りは開けるものかと思います。
全国の買い物奉行さま、いかがでしょうか?   

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 11:45Comments(0)マイティ!みんなのお奉行さん

2008年01月11日

451)オーラ

著名人や有識者の方に、インタビューなどをすると感じるのが、オーラです。
やっぱり、それなりに名前を残すには、普通の人にはない「何」かが必要なんですね。
その話を会社のスタッフさんにすると「松井さんにもしっかりありますよ。オーラが、、」と言われ、
「やっぱし!私ももうじき有名人?今のうちにサインもらっとく?」と調子に乗ってボケました。

「何をしでかすかわからないって、オーラです。さあ、ここはもう変なコラムを止めて、最初の打ち合わせ通りに・・・この文章の段落は・・・・しましょう」とツッコミみなのか、イヤミなのか、わからない反応をいただきました。もう東京人なんだから!

確かに、ボケ・オーラの気配は自分でも感じます。

宅配伝票用に玄関に用意している、100円均一で購入した印鑑。先日、押したあとを「アレ?」と、、、。
名前が松井ではなく松田。
購入して1か月ほど気がつきませんでした。

そういえば、保育園の子供のお着換え用下着袋に、自分の下着を入れて持たせてしまった、ということもありましたね。。。

まあ、オーラはオーラ、まだまだ大物になれるチャンスがあるということです。(ツッコミポイント「体型かい?」)頑張って、絵本のエキスパートを目指すことにします。

でも、どうも我が家の息子も、私のオーラDNAをしっかり受け継いでいる様子。
先日の始業式は学童お弁当日でした。残ったおかずで、珍しく私のお弁当も作って用意しました。さあ、出社だ!というときに、お弁当が消えています。1個は息子、1個は私、(旦那は持っていくのが恥ずかしいと拒否!信じられなーい!)、、息子はさっき学校へ行った、、、。ということは、、。

ナント彼がお弁当を2個持っていったんですね。
しかも、帰ってきたら2個ともホボ完食。「ママのお弁当だったんだよ〜」というと、「そうなんだ〜」と気がつかなかったそうです。
でも、さあ、全く同じ中身の弁当2個あったら気づくだろ!?普通。

彼にも相当のオーラを感じます。
頑張って、夢(サッカー選手か銀行員?)を実現してもらいたいと思います。  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 09:02Comments(0)マイティブックについて

2008年01月09日

450)男性の裸ポスターに不快感。。。

昨晩、衝撃的なニュースを見てしまった。

岩手県奥州市の黒石寺の伝統行事、蘇民祭ポスターを、JR東日本が掲載拒否。「男性の裸に不快感を覚える客が多い」というのが理由らしいのですが。

理由が、不快感、、、。

マイティブックが取り扱うイタリアシラベ社の商品にフィレンツエ・アカデミア美術館の本や商品があります。
この商品で「ダビテ像」の絵柄も以前、あるイタリアル・ネッサンス絵画展に卸した時「男性の裸はねえ、、、」との担当者コメントをいただき、取り扱い数を減らしたことがあります。(特にマウスパットは、マウスがダビテ像のセンターに来て、マニアにはたまらないかと、、、)

これをイタリアに連絡したら、「日本人は19世紀の裸体がそんなにセクシーに見えるのかい?!」と半分呆れられていましたが、今回のポスター事件もそんな意見が聞こえそうです。

実は先日、表参道の紀ノ国屋店舗工事中の外装看板ポスターが社内で話題になりました。
スケートボードの図柄を著名なアーティスト数名がデザインしたもので、10枚くらい大判で掲示していました。で、その中の一枚がナント、女性と男性のエッチ最中シーン!しかも、著名な方の作品なので、とっても上手いのです。かなりエロさに、子どももビンビン反応してました。

この道は地下鉄出口から「こどもの城」「青山劇場」へ続く道。
親子連れもたくさん通ります。
そして、「国連大学」もあります。

宗教や人種への配慮はないのか!と行動は起こしたものの、行政の意見では「まあ、感性の問題ですね〜」で、終わってしまいました。
別にその作品を否定しているのではなく、「なんで、そこに貼るねん!」という意見だったのですが、、、。

今回の裸祭りのポスター、、。

そんな経緯もあり、何でもOKの掲示よりはマシかもとも思うのですが、JRはこれを掲示しないのであれば、電車中刷りの下半身直撃型、男性週刊誌ポスターを全部はずしてください。

ハッキり言ってこっちのほうが、不快です。

あっ、若くてピチピチのモデルさんへのヒガミじゃないですよ〜。
私もお腹は、ピチピチですから!  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 08:36Comments(1)マイティブックについて

2008年01月08日

449)ハンカチ奉行

48939.jpgあけましておめでとうございます。
本年も松井のマイティブログよろしくお願い申し上げます。

さて、本年1発目のブログは好評シリーズ、マイティみんなのお奉行様です。

今回のお奉行様は、ハンカチ奉行。

ハンカチと言えば王子、ですが、そのハンカチ王子のおっかけ奉行ではありません。まじめに、地球環境を考えるハンカチ奉行です。

温暖化をはじめ、地球環境は赤信号が点滅しています。

エコバック、風呂敷、マイ箸と無駄なものを無くしてゴミを減らす運動も盛んになりました。

「レジ袋を何枚削減しました!!」「折りたたみマイ箸できました!」みたいな、非常に生活感溢れるニュースが飛び交っています。

昨年、東京で行われた、エコプロダクト展に取材で行って来ましたが、ものすごい熱気でした。逆に温暖化が進むか?!くらいに。

でもね、本当にマズイんじゃないの?
と今年の暖かい冬は、私のような消費型人間でも感じてしまいます。

私が子供の頃、日本では「水と空気はタダ」みたいな感覚がありましたが、いつの間にか、水はスーパーで買い、空気も排出権と有料化が進んでいます。
やっぱり、ちょっとだけでも、地球に優しい暮らしを心がける、必要があるのでは?と思うのです。

そこで、エコバッグの次の取り組みとして、トイレのペーパータオル削減運動!

そう、外出先のトイレに置いてある、あのキレイな白い紙。
割箸より、もったいないと思うのは、私だけ〜♪(だいだひかる調ではなく、ピーナッツパン調です)

なんと、ハンカチを持参で、エコが実現するのです。

トイレの数だけ、地球に優しい「エコ・ハンカチ」。

エコバッグとお揃いで持参すると完璧。今一番注目されるアイテムです。
私は、濱文様の「ふきん」を愛用。季節に合わせた柄が選べるので楽しいです。
ここだと、風呂敷もツゥギャザーできますネ。
MOTTAINAI!!!MOTTAINAI!!

おっとハンカチ奉行様を増やすには、女子を巻き込む必要が、、。
ルー大柴じゃなくて、もっとお洒落に演出しなければ、、、、。

エコバッグを完全にファッションにしたアニヤハインドマーチに、「I am not plastic bag」に続いて、「I am not paper towel」のロゴ入りハンカチを作ってもらいたいですね。

またまた、全世界で女子の長〜い行列ができること、間違いありません。

さあ!「not paper towel」です。間違っても「 not toilet paper」と言わないように。葉っぱ?が代用品になると、大変なことになってしまいます。

ハンカチ奉行 松井でした〜。  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 20:23Comments(0)マイティ!みんなのお奉行さん