2008年03月15日

456)アマゾンで販売する書籍の中古価格の疑問

お客様から問い合わせが入りました。
「アマゾンで、おつきあいのやりとり帳を購入しようと思ったら、中古しかなくてしかも、価格が3870円なんです。。。何でですか?」

何でなのでしょうね?私にもよくわかりません。

アマゾンではこのようなことがよく起こります。以前はうちの本を検索すると<絶版>!と書かれていて、これは新手の営業妨害か?というようなこともありました。

でも、こんなに新刊が続々誕生する中で、ネットで書籍の管理をする大変さもよく分かります。特に取次を通じていない、マイティブックは手間のかかる、書店さんから見るとお困り出版社、、、であることは「間違いない!っ」

お客さまには、そこの事情の説明を加えて、購入方法をお教えしました。
「わかりました。大変ですね。出版の業界って。。。。でも、ネットの書店って本屋さんにない本どれでも買えるって思ってましたが、違うんですね。」

そう、たいていのお客様は本は「書店」→全部ない、「ネット」→全部ある。と思われています。

しかし、実態はずいぶん違うんです。

小さな駅前書店でも、お客さまの要望をかなえるべく、その「欲しい1冊」を一生懸命探して、うちの会社に電話をくれるところもあります。そんな本屋さんに出会うと、こちらも嬉しくなります。

だから、書店の大きさと、欲しい本をゲットする確率は違う、、。もちろん大きな書店のほうが、遭遇率は高いのですが、流通していない本などは小さな書店のほうが入手しやすかったりするのです。

ネットに関して言えば、もう殆どノンコントロールかもしれません。
だってマイティブックだって、こんなネットの大事な情報がお客さまからの問い合わせで分かることがほとんどなんですから、、。
アマゾンも相当大変!なのは想像できます。

ということで、久し振りに出版社らしい書き込みをいたしました。

PS.問い合わせをいただいたお客さまには、「ブログネタにさせていただくかもしれませーん!」と伝えております。(読んでますか〜?)

おつきあいのやりとり帳

商品名:おつきあいのやりとり帳
著者:林 るい
出版社/メーカー:マイティブック
価格:¥ 1,890
中古価格:¥ 3,496
Rating:★★★★★   

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 12:09Comments(0)マイティブックについて

2008年03月11日

455)イタリア雑貨animata表参道で期間限定でショップ

50507.jpgマイティブックのイタリア雑貨やシラベ社の書籍を取り扱うウエブショップ「アニマータ」の期間限定リアルショップが東京の表参道ヒルズの裏で今日からオープン。さっそく激励かねて覗きに行ってきました。

今回は昨年より一回り大きな場所でゆったりと雑貨を見て回ることができます。やっぱり、かわいいイタリア雑貨たち。いつも見慣れたうちの商品もありました。こうやって見ると、新鮮ねえ。

差し入れの、飴ちゃんを渡すのも忘れて物色開始。

トリュフ入りのオリーブオイルとフィレンツエ、ローマ、ヴェネチィアの地図がプリントされたランチョンマットを購入。そして、お買い得お魚ネックレスもお会計中にもうひとつ。

オリーブオイルは焼きたてパンに付けて食べるとおいしいことでしょう。
ふふっふふふふ。
いいものは早くいかないとなくなっちゃうよ!
アニマータ」の表参道イタリア雑貨祭りは3月16日まで。
昨年大ヒットした受胎告知バッグもございます。
みんな、今週は表参道に集まれ!!!

アニマータの情報はこちらから
http://www.june.co.jp/animata/   

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 21:57Comments(1)マイティブックについて

2008年03月05日

454)ウルビーノのヴィーナス展開催!

50357.jpgさて、イタリア・フィレンツエにあるウフィッツイ美術館から名画がやってきました。ティッチアーノのビーナス画です。

3月4日(火)から西洋美術館で一般公開されています!

この展覧会にあわせて、マイティブックのパートナー出版社イタリアシラベ社の、美術館図録が西洋美術館で販売されています

今回は、名画をまとめた新しいウフィッツイ美術館の図録(写真の赤い本。美術館の図録で、会場で販売しているのは日本語版)の取扱いも行っていますので、来場の際はぜひご覧ください。また、ティッチアーノの作品を紹介解説している、専門書も置いています。残念ながらこちらは日本語訳はなく、イタリア語&英語だけなのですが、日本では手に入らないレア!もの。今回限定の入荷です。


販売場所は西洋美術館入り口の美術館常設ショップです。
<耳寄り話>展覧会に入場しなくてもショップは覗けますので、シラベの本を見たい方はいつでもどうぞ!他にも関連書籍数冊置いています。

http://www.venus2008.jp/

さて、今回もイタリアから「直前まで書籍が届かない!」という恒例の事前イベントがマイティブックで開催れてましたが、いやあ人間って慣れるものですね。
卸先の会社さんとの見事な連携プレーで滑り込みセーフという感じで終了いたしました。

ただ、今回のビーナス展はマニア志向が強いため、販売がどれくらい伸びるかが読めません。次回入荷のタイミングがまたGW直前!ということのないように、祈っています。

そしてもうひとつ、秘密を教えちゃいます。

実はシラベ社のロゴはこのビーナスをアイコン化したものなんです。
なるほど、そう言えば、、そう見える。イタリア人のデザインセンスに脱帽。気になる方はこちらをチェック。

青色ビーナスバナーの左側ロゴです!  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 08:41Comments(0)マイティブックについて