2009年02月13日

512)開け!チューリップ

オフィスで「松井さん、チューリップの芽がでたわよ」と言われました。
ベランダに出てみると、本当だー!
ちょこっとだけ、とんがった芯のようなものが植木鉢の真ん中に出ています。
このチューリップの球根は、昨年の9月に出張で出かけたオランダで、会社の人にお土産としてたくさん買ったもの。

でもせっかくだから、一緒にオフィスのベランダ(通常は喫煙スペース?)のプランターで育ててみましょうということで、会社の飼いチューリップになったのでした。

まだまだ寒いのに、植物は春を先読みしています。
だいたい、なぜ植物は季節が分かるのでしょうか?球根のどこにそんな考える力が蓄えられているのでしょうか?

本当に神秘です。

最近、会社もひゅ−−と北風が通るような寒いネタが多いです。
新年が明けて、1か月が過ぎましたが、あまり明るいニュースも聞きません。
新しい事業をやろうとしても、回りが不景気気分ムンムン。こちらも委縮してしまいます。

でも、こんなチューリップの頑張りを見ると、ちょっと安心というか、回りの空気に流されてタイミングを読み間違えてはダメだと気合を入れなおします。花は寒くたって、タイミングよく芽を出さないと春に花を咲かすことができないのですから。

プラス思考は意志、マイナス思考は気分と以前何かで読んだ記憶があります。

気分に振り回されず、意志を持ってチューリップに負けないように、ポシティブにいきましょう!

開け!開け!パッと開け、チューリップ〜。
このチューリップは、色がアソートだったので、どんな色が咲くのか楽しみです。  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 00:06Comments(0)マイティブックについて