2009年02月17日

514)マズイお弁当

春一番なのに、なんで木枯らし1号なんだろう、、、。とどうでもいいことが気になります。
そう、どうでもいいことと言えば、、、。
今日のお昼に食べたお弁当があまりにもまずくて、半分捨ててしまいました。

普段、食べ物を捨てることはあまりしません。
レストランでみんなで大皿のときは、限界があるので残すことはあっても、個人で盛られたものは無理しても食べるほうです。

しかも、今日のお弁当はふんぱつして買った某デパート食品売り場の980円の牛飯弁当。このご時世、お弁当に980円ですよ!
なのに、、、何なんだ〜。この味は、変な調味料を混ぜ合わせたみたいな、舌にピリピリくる味です!3口でギブアップ。

でも、今考えるとあのお弁当の味、普通ではありませんでした。
もしかしたら、作り手が意図していないものが調理の段階で混ざってしまい、あんな味になったのかも、、。捨てずに、保健所?
しかし、判断が難しいですね。

昨年の餃子事件のとき、へんな味だけど食べました。という被害者に対して、何で変な味だけど食べるの?と思ったのですが、きっとこんな感じだったんだ、、。私もお腹がものすごく空いていたら、完食したかもしれません。

これは、どうでもいい話ではないですね。  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 00:52Comments(0)マイティブックについて