2009年02月23日

517)赤10時軍

電車、止まっているようなので、吟じます。

カレンダーの赤字(日曜&休日)に10時までに起床する強い意志を持った母親軍団のこと〜。
休日といっても、子どもの行事が多いです。しかも、朝7時、8時集合なんて、スポーツ系クラブは普通です。

会社休みの日ぐらい、朝寝坊させてください。
と思う気持ちと、
朝ごはんは食べさせないと。
と思う気持ちが、疲れを倍増させます。

なので、たまのアポなし休日には、もう起きない。
朝は男同士勝手にパンでもかじってくれ!と
赤10時軍に参加します。

惰眠遅コード。

でもこの10時起床も、子どもが小学生になって、父親と行動ができるようになったからできるようになりました。子どもの成長ってやっぱりありがたい。

あっ、今電車、動き出したそうです。byNHK
コミコミかなあ〜。
出勤も、月曜から10時軍?  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 08:36Comments(0)マツイのランゲージ・センター

2009年02月19日

516)歯磨き絵本「はのようせいハピッカ」CMオンエア中

子どもの歯磨き大事です〜。
日本にやってきたトゥースフェアリー「はのようせいハピッカ」のお話で、歯磨きの習慣をつけましょう。
メディァでもいろいろ取り上げられていますので、こんなのを作ってみました〜。





※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。

Get Adobe Flash Player

子どもの歯磨き絵本「はのようせいハピッカ」 by マイティブック さん




カンタンCM作成サイト コマーシャライザー




  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 19:00Comments(0)マイティブックについて

2009年02月18日

515)王への手紙

56979.jpg昨年末から、一挙に読み続けた本「王への手紙」と続編「白い盾の少年騎士」です。オランダの作家トンケ・ドラフトさんの本です。

近頃、ゲド戦記やハリーポッターのようなファンタジーブームですが、ちょっと違う印象を受けた本でした。
物語も面白いのですが、人間としての生き方というか、日本人の精神論にも通じるような本です。児童書なので、難しい表現ではなく結構ストレートに効いてくる感動は久しぶり、、。大人にも染みてくるいい本です。
ビジネス書にちょっと疲れた時に、気分転換にどうぞ!

そして、、、、
読み終わった後、主人公ティウリのような青年に育って欲しい!と、妄想した私は、この本を小5の息子タイキチ君に薦めました。

でも、中学生以上の本なのでちょっと難しい、と放り投げたため、ぞれじゃあ読み聞かせ!と読書を決行したところ、思惑通りハマってきました。

そのかわり、、、毎晩「続き読んで〜。読んで〜」でー読み聞かせ中。
現在、「王への手紙」上の半分。毎日寝る前に読んであげているけれど、読み終わるまで1か月はかかるでしょうか?

読む方としては、ちょっとしんどいけれど、本に興味を持ってもらうのは良いことです。頑張って読んであげよっと。  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 01:23Comments(0)マイティブックについて

2009年02月17日

514)マズイお弁当

春一番なのに、なんで木枯らし1号なんだろう、、、。とどうでもいいことが気になります。
そう、どうでもいいことと言えば、、、。
今日のお昼に食べたお弁当があまりにもまずくて、半分捨ててしまいました。

普段、食べ物を捨てることはあまりしません。
レストランでみんなで大皿のときは、限界があるので残すことはあっても、個人で盛られたものは無理しても食べるほうです。

しかも、今日のお弁当はふんぱつして買った某デパート食品売り場の980円の牛飯弁当。このご時世、お弁当に980円ですよ!
なのに、、、何なんだ〜。この味は、変な調味料を混ぜ合わせたみたいな、舌にピリピリくる味です!3口でギブアップ。

でも、今考えるとあのお弁当の味、普通ではありませんでした。
もしかしたら、作り手が意図していないものが調理の段階で混ざってしまい、あんな味になったのかも、、。捨てずに、保健所?
しかし、判断が難しいですね。

昨年の餃子事件のとき、へんな味だけど食べました。という被害者に対して、何で変な味だけど食べるの?と思ったのですが、きっとこんな感じだったんだ、、。私もお腹がものすごく空いていたら、完食したかもしれません。

これは、どうでもいい話ではないですね。  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 00:52Comments(0)マイティブックについて

2009年02月14日

513)祝・マイティブック5周年

2月14日はマイティブック設立記念日です。
バレンタインデーなんて素敵でしょ?
でも今年は、特別な日でもあります。設立5周年です。
そう、2004年2004円の1円会社としてスタートしてから丸5年。
最初の約款は、5年目に資本金1千万円に増資しなければ、解散!という一文が書かれていました。

その後法改正があり、増資しなくてもいいよっ!ということになって、逆にこの約款を変更するのに、お金がかかりましたね、、、。あれは何だったんでしょう。

でも、今、現実的に、増資しなければ会社解散だったら、
どうなっていたでしょうね。

ふふふふッ、、、、。
とりあえずセーフってところでしょうか。
決してウハウハ儲かってはいませんが、潰れナーズに頑張っています。
(資本金2004円は設立年を忘れないためにそのままに、次の増資は20,040,000円?)

会社名も、発行しているフリーペーパーも昨年末に商標登録ができました。
一緒にお手伝いしてくれる仲間もいます。
絵本業界のネットワークもできつつあります。
次につながる絵本事業も見つかりました。

ホップの次はステップ、、、で今からの5年後にジャンプしたいと思います。オリンピックのフィギア演技のように、華麗なジャンプ!

失敗しないように、十分に踏み込んで!飛びます!  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 17:42Comments(0)マイティブックについて

2009年02月13日

512)開け!チューリップ

オフィスで「松井さん、チューリップの芽がでたわよ」と言われました。
ベランダに出てみると、本当だー!
ちょこっとだけ、とんがった芯のようなものが植木鉢の真ん中に出ています。
このチューリップの球根は、昨年の9月に出張で出かけたオランダで、会社の人にお土産としてたくさん買ったもの。

でもせっかくだから、一緒にオフィスのベランダ(通常は喫煙スペース?)のプランターで育ててみましょうということで、会社の飼いチューリップになったのでした。

まだまだ寒いのに、植物は春を先読みしています。
だいたい、なぜ植物は季節が分かるのでしょうか?球根のどこにそんな考える力が蓄えられているのでしょうか?

本当に神秘です。

最近、会社もひゅ−−と北風が通るような寒いネタが多いです。
新年が明けて、1か月が過ぎましたが、あまり明るいニュースも聞きません。
新しい事業をやろうとしても、回りが不景気気分ムンムン。こちらも委縮してしまいます。

でも、こんなチューリップの頑張りを見ると、ちょっと安心というか、回りの空気に流されてタイミングを読み間違えてはダメだと気合を入れなおします。花は寒くたって、タイミングよく芽を出さないと春に花を咲かすことができないのですから。

プラス思考は意志、マイナス思考は気分と以前何かで読んだ記憶があります。

気分に振り回されず、意志を持ってチューリップに負けないように、ポシティブにいきましょう!

開け!開け!パッと開け、チューリップ〜。
このチューリップは、色がアソートだったので、どんな色が咲くのか楽しみです。  

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 00:06Comments(0)マイティブックについて