2015年07月01日

596)世界の図書館、今号は「クアラルンプール図書館」

機関誌『図書館の学校』は全国の図書館や図書館振興財団の行う事業を紹介する雑誌です。そこに世界の図書館についての連載を行っていますので、ぜひご覧ください。


3月、6月、9月・12月第3木曜日発行(季刊) で、1000円です。
現在6月号はマレーシアのクアラルンプール図書館を紹介しています。
https://www.toshokan.or.jp/magazine/

ちなみに、バックナンバーも購入できます。(バックナンバーの購入からどうぞ!)

2012年6月夏 オランダ・アムステルダムOBA 
2012年9月秋 中国・北京学校図書室 
2012年12月冬 イギリス・ロンドン大英図書館 
2012年3月春 オーストラリア・シドニー市立 カスタム図書館 
2013年6月夏 シンガポール・シンガポール大学図書館  
2013年9月秋 デンマーク・コペンはーげん市立地域文化センター図書館 
2013年12月冬 インドネシア・バリ州図書館
2014年3月春 ロシア・ロシア国立児童図書館
2014年6月夏 スペイン・サンチャゴディコンポステーラ書店の読書室
2014年9月秋 カンボジア・SIPAR移動図書館バス 
2014年12月冬 メキシコ・バスコンセロス図書館
2015年3月春 アメリカ・シアトル図書館
2015年6月 マレーシア・クアラルンプール図書館



一番苦労するのは、紹介する図書館を1館選ぶこと。今のところ1国1館なのですが、何館か回ると本当にどれにしようか決めかねます。
どの図書館も特徴があって面白いし、、、。
基準としては、日本でも参考になる事例がある、読んだ人も行くことができる、話題になった、でも一番重視しているのは、運営に図書館司書さんや働いている人が前向きなところ。ハピネスを大事にしている図書館は、大きさや施設の古さなど、図書館の条件以上に、図書館とは?という本質に触れることができるから。
マレーシアの次はどこになるか?お楽しみに!




同じカテゴリー(マイティブックについて)の記事

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 11:14│Comments(0)マイティブックについて
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。