2017年04月13日

606)文字で伝える技術:企画書の場合

1)企画書と子どもの本との意外な共通点
 絵本の出版社と看板を掲げていても、出版自体は年に1冊出すか出さないかの零細企業。空いた時間に、ビジネス書や企業のパンフ、資料つくりを請け負っています。
 近頃、ワードやパワーポイントの印刷が容易になったためか、少し気の利いたパワーポイントの企画書をイラストや図表を入れて作るといった依頼も多くなりました。他社さんの企画書は、とても勉強になります。基本の作り方が、絵本や子どもの本に似ているからです。
 子どもに何かを伝えたり、教えたりする本は、文字だけより絵や図表、文字の色や大きさを整えたほうが、分かり安く興味を持ってもらえます。
 プレゼン用の企画書の大半は、これまでにない商品やサービスと一般的に知られていないものなので、予備知識のない相手に面白さをどう伝えるかが勝負。まさに子ども相手の本と同様で、「相手に内容が伝わりやすくする」、そして「興味を持ってもらう」ということが企画書の役割です。

2)企画書はシンプルに1ページ、とは限らない
 ところが、この「伝わりやすい」=A4サイズ1ページにまとめると思っている担当者が意外に多いのです。1ページに収めるというのは、結果論。A4サイズ1ページで説明できるくらい、狙いの定まった新しい商品やサービスが素晴らしいとのであって、企画書に1ページに収められているから、素晴らしいということではないのです。
 そして、「分かりやすさ」=丁寧な説明という、まっとうな考え方もあります。見せる相手には予備知識がないことを想定しているわけですがら、どんどん書き込んでいったら、結局小さい字で1ページに無理やり収めることになります。
 もしくは、箇条書きだらけになってしてしまうことでしょう。この箇条書きも曲者で、ボディの文章をシェイプアップしすぎて、「目指す」、「可能」、「実現」、「ニーズにお応え」といった企画書の常用単語が並び、紋切型の表現では内容への興味が湧きません。これでは、何を書いても、お客様にはお見積りの金額しか頭に残らないという光景も容易に想像できます。

3)企画書は伝えたいことを伝えきるためのツール
 企画書は、商品やサービスを相手に分かりやすく伝え興味を持ってもらうことが最終目標です。社内などある程度事前知識が共有されているグループであれば、コンパクトにまとめても問題はないでしょう。しかし、商品やサービスを初めて知る相手には、シンプルが分かりやすいとは言えないのです。また、アポやプレゼンの時間も考慮する必要もあります。比較的長い時間のミーティングで、企画書1枚を持って、相手とコミュニケーションしながら詰めていくには、相当プレゼンのスキルか、話の得意な人でなければ難しいと感じます。
 企画書制作の仕事を受け、「1ページに収めて下さい」と言われ、商品カタログや営業用資料など大量の参考資料を手渡される場合がれば、まずこのバラバラな資料を御社の商品やサービスを知っていただく手引書としてひとつにまとめてみませんか?とご提案します。その上で、ご提案企画書を1ページにまとめれば、1ページの企画書には意味があります。
 とにかく、企画書は中身をどう見せるかが重要で、持ち込む側が相手に伝えたいことを、伝えきることが使命です。その、使命を全うさせるために、デザインや編集が重要となります。子どもの本の編集者の視点は以外に役立つのでした。


同じカテゴリー(マイティブックについて)の記事

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 12:21│Comments(0)マイティブックについて
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。