2005年12月20日

246)喪中はがきの対応について

気が付けば、もうあと少しでお正月です。今年は参の酉が無かったんですね!!熊手はもう1年会社で働くことになりました。。

さて、今年も年賀状の準備をはじめようと思ったら、なんと喪中ハガキの多いこと! 過去最高です。そんな歳になってきたのでしょう。

でも、この喪中ハガキ、相手に年賀状を出してもよいか?否か?
これまでは、控えていたのですが、ものの本によると相手は喪中で出せないが、こちらから出す分は問題なし、との答えが書いてありました。
これって本当なのでしょうか?

喪中ハガキで、連絡のやりとりが止まると次年度の通信も途絶えがち。
そして、これまでも、もらってないほうが何で来てない??と思っていたのかもしれません。

そして、もうひとつ悩むのが、会社の年賀状。。
どのラインで相手を選ぶかがすごく大変です。

まじめに書くと、多分ウン百枚、、、。相手を絞るとなると、同じ会社だし、、。とちょっと悩むところです。
個人情報保護法の関係で、顧客にDMを出すのは止めたので、今年は会社の年賀状も止めよう、、と思ってはいるけれど、、、。
同じカテゴリー(マイティブックについて)の記事

Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 18:44│Comments(1)マイティブックについて
この記事へのコメント

寒中見舞いを出す方が多いのでしょうか。

私は、出してはいけないと思っていたので、クリスマスカードにしていました。(^^)
-----

COMMENT:
AUTHOR: 杉田純子
EMAIL:
IP: 219.36.204.130
URL: http://dblog.dreamgate.gr.jp/user/e146/e146
DATE: 12/20/2005 11:51:08 PM
年賀状〜!!!
まだ全く準備してません!

ヤバイよね…
オットは全く無関心で、「オレの分もよろしく」って感じだから、必然的に毎年私の仕事。
だってもらうと嬉しいもんね。やっぱり楽しい年賀状作りたいよね。
・・・これから考えます。
Posted by 増田@DG at 2005年12月22日 11:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。