2007年04月09日

408)確認奉行

仕事をしていると気にならないのに、フツーの日常会話で使われると妙に上から目線に感じる言葉が「確認して」。

どういうことかと言うと、例えば仕事でFAXやメールを送った後の、「ご確認お願いします。」は非常にポライトなのだけど、家族に「新聞、確認して」と言われると、非常に不愉快。 

「新聞、見てきて」のほうが、対等で自然でしょ?
会話で聞き取れないときも「もう一回言って」で済むのに、「確認で聞くけど、、」となると、もう確認印の欄に承認印を、、という部下気分です。

こんな確認奉行の主がいる家庭で育つ、わが息子も会話がかなり上から目線。
「教科書はあらかじめ用意しておかないと、、、ママ確認しておいてね」


本人たちに悪意がなく、あくまでも口癖なのは、分かっちゃいるけど、気になると気になる「確認して!」の一言。

でもPTAなんかで、「コレ、やってもらえる」的なニュアンスを漂わせている、パパ族は意外に多くて、「確認してくれる?」のほかにも「説明してくれる?」、などを多用し、ちょっと威圧的。「コピーお願い」なんて言われかねないムードを作っています。

団塊の世代のおじ様の地域デビューがうまくいかないと聞きますが、この「確認奉行」が原因のひとつかもしれませんよ〜。

ご確認をよろしくお願いいたします。


同じカテゴリー(マイティ!みんなのお奉行さん)の記事
452)買い物奉行
452)買い物奉行(2008-01-14 11:45)

449)ハンカチ奉行
449)ハンカチ奉行(2008-01-08 20:23)

437)ラッキー奉行
437)ラッキー奉行(2007-10-25 08:37)

417)NHK奉行
417)NHK奉行(2007-06-06 12:20)


Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 17:48│Comments(0)マイティ!みんなのお奉行さん
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。