2007年05月09日

412)「情報は人間を熱くする」奉行

むかーし、リクルートがテレビコマーシャルに使っていたキャッチ「情報は人間を熱くする」は本当に感動しました。

当時は非常に曖昧だった情報というビジネスを、具体的な概念として表現していたと思います。

しかし、近頃はとりあえずの知識であればネットでいくらでも検索できるし、メールや携帯で「つながっているからね〜♪」と友人と軽い知識の泉ジャブで打ち合いくらいはできます。
ホント、情報にあんまり熱くならなくなりました。熱くなるより、勝手に送られてくるメールなんか「これヤバクない?」と冷めています。

今回ご紹介するのは、そんな環境変化でもやっぱりいたぞ!「情報は人間を熱くする」奉行です。

ちょっとした話の輪でも、「オレは何でも知っている」と潮干狩りができるよーな浅い知識を熱く語りはじめる。聞き手は大人になって、ウンウンと同調しながら、話題を変えていくのですが、この奉行は、大抵どんな話題もOKなので、いつのまにか奉行一人で話していることが多いです。

それでも、何の信憑性もないどうでもいい話を披露する奉行さまは、まだ可愛げがあります。(この手のタイプは若ゾーが多いから、ちょっとカワイかったりもするし♪)

でも、新聞や経済誌を数誌読んでいるだけで、「オレは社会や経済の動きは何でも知っている」とういうタイプの「情報は人間を熱くする」奉行さまはちょっと困り者。こっちはオーバーヒートしてしまいそうです!!!


<まとめ>
今は、ただ知ることに人は熱くなる時代ではないと思います。
情報の価値は大量にあることではなく質。

この質の高い「情報は人間を熱くする」奉行様も何人か知っていますが、話を聞いていると、もう脳の血管が切れるくらい熱くなります。これホントの話。
そんな、脳内出血型奉行とは、たくさん知り合いになりたいものです。 


同じカテゴリー(マイティ!みんなのお奉行さん)の記事
452)買い物奉行
452)買い物奉行(2008-01-14 11:45)

449)ハンカチ奉行
449)ハンカチ奉行(2008-01-08 20:23)

437)ラッキー奉行
437)ラッキー奉行(2007-10-25 08:37)

417)NHK奉行
417)NHK奉行(2007-06-06 12:20)

408)確認奉行
408)確認奉行(2007-04-09 17:48)


Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 00:59│Comments(0)マイティ!みんなのお奉行さん
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。