2011年07月26日

545)オランダの子供の本といえばアニー・M・G・シュミット

オランダの図書館や子どもの本屋さんの見学に訪れたのは、2008年9月でした。アムステルダムでは大規模なIT系のコンべンションと日程が重なり、ホテルが不便なところしかとれず、しかも高かった…。
でもそんなことを忘れるくらい楽しい旅でした。

その時に、出会った本がアニー・M・Gシュミットさんと絵)フィープ・ヴェステンドルプさんの「プルック」シリーズでした。

オランダのOBA図書館では、アニーさんの本は子どもに大人気だと聞き、マキゲフナトリや


アニーさんの使っていたタイプライターなどがたくさん展示されていました。


子どもの本屋さん「De kinderbokewinel」では


店頭になんとその表紙と同じクレーン車がありました。

帰国して調べてみると、まだ日本語訳が出ていません。
オランダの出版者に問い合わせて、マイティブックで出版したいと粘った本でした。オランダ語の翻訳というと、以前からJBBY(日本国際児童図書評議会)の理事の野坂悦子先生にお世話になっていたので、早速この本のことをお伺いしてみました。

すると、シュミットさんの本は先輩の西村さん、、、ということで、翻訳者の西村由美さんをご紹介いただいたのでした。

当時は出版に熱く燃えていました~。

結局、先に岩波書店さんが版権交渉に入っていてマイティブックには入る余地がなかったのですが、その後西村さんとの大事なおつきあいが始まった本でした。(その時にいただいた本が『王への手紙』で、私の大好きな児童書となりました。http://e055.dgblog.dreamgate.gr.jp/e17843.html )

そして、先日会社にいくと岩波書店さんからちいさなちい箱が届いていて開けてみると
素敵な絵本がぽぽぽぽーん!

『プルック』の日本語版がついに発売されたのです。
出版社に関係なく、自分が惚れた本がきちんと出版され、日本の子どもに届くというのは本当に嬉しいものなのです。感無量。本当にありがとうございます。西村さん、岩波書店さん。(涙)
先日の谷川俊太郎さんの『ブックバード』朗読に続く神様からのギフトです!

写真は、オランダで購入した『プルック』と日本で発売された『プルック』、いい感じです。


そして、書評は子供に聞く方がよいでしょう。


タイキチ「この本読みやすいよ。面白いしするっと読める!」
松井「子どもがひとりで暮らし始めるとが、変だって思わなかった?」
タイキチ「それは、あんまり思わなかったけど、なんでクレーン車なんだ??とは思った。でさあ、なんでゴキブリと友だちになれるんだ~」(笑)

大人が、変だとか、ありえないと思うところは、子どもには大した問題ではなく、むしろ「何で~??」が不思議でどんどん読み込んでいくようでした。まあ、ちょっと対象年齢が低い本だったこともあちますが、本当にするっと読んでしまいました。

私も、オランダ語だったため、??だった「マキゲフナドリ」の名前とストーリーが分かって嬉しかったです。ただ、少しだけ本の体裁を言うとフィープさんの絵本の楽しさが、ちょっと失われてしまったところが残念かなと…。洋書では、絵と文字が躍っていて、絵本としての魅力もあるですが、日本語版ではちょっとお行儀よくなってしまったイメージ。

もともと横組みの本なので、ページ内のイラストの流れは左から右で描かれているんだけれど、日本語は右から左の縦組みと基本的な構成が違うので、仕方がないんだろうな、、、。

ただ、内扉の表現は良くできていて、こんな風にイラストを、文章の挿絵としてではなく、絵本的な扱いでページに配置するところがあっても、よかったんじゃないかなと思いました。

ただ、読みやすさという観点では、今のほうがいいのかもしれません。
ぜひ皆さんも読んでみてください。

ペテフレット荘のプルック(上)(下)
アニー・M・G・シュミット (著), フィープ・ヴェステンドルプ (イラスト), 西村 由美 (翻訳)
岩波書店 価格:各 ¥ 1,995


そして、アムステルダム公共図書館OBAに行って「マキゲフナドリ」を見てきてね。
ちなみにこの下の写真は、OBAに飾ってあったアニーさんの写真。
でも、鼻の下に何か、落書きが、、、!!


なんですけど・・・、落書きされた写真をあえてパネルにしているとのことでした。
やりましたよね。子供のころ、教科書に書いてあった偉い人の写真にヒゲとか、メガネとかの落書き。
でも、その写真を飾る大人の遊び心が、児童文学の根っこにあるのがオランダなんですよね。



Posted by 株式会社マイティブック    松井紀美子 at 19:10│Comments(1)
この記事へのコメント
図書館OBAに行って「マキゲフナドリ」を見てきてね。
Posted by motivation letter for master at 2013年09月30日 20:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。